So-net無料ブログ作成
検索選択

YPVS2

スポンサードリンク




今日はYPVSを取り付け、動作確認をしてみました。

まずは古いYPVSコンピュータを取り外し、今回買ったものを取り付け。キーを回せばYPVSが動くはず。

が、動きませんでした。

モーター単体では動くのになぜ動かない?

コンピュータが壊れているのか?

しかし、コンピュータは動作確認済のはず。

コンピュータを外してみると、あることに気が付いた。コンピュータ側の配線と車体側の配線の色が違う!

なぜかはわかりませんが、カプラの端子が入れ替わっている。

車体側の端子を抜き、コンピュータ側と同じ色の配列になるよう並べ替え、もう一度やってみた。

すると・・・


ウィーンウィーン


動いた!

どうやらこれが原因だったようです。


YPVSの動作確認ができたので、エンジンをかけてみようと思います。

最初の頃に頼んだエアフィルターは届いていましたので、エアフィルターBOXに取り付けキャブと合体。

燃料ホースをつなぎ、タンクを取り付ける。

燃料コックをONにし、キックを蹴る。


・・・


30回程蹴りましたがかからない。

プラグが被ってしまったか。

ならば、アクセルを全開にしてキックを蹴る。

10回程蹴ったところで・・・


ポンポンポンポッブォーーーーー!


かかりました!


ブォーン!ブォーン!


アクセルのレスポンスも問題なさそう。

ただ、タコメータが動きません。引き取ってきた当初はバッテリーの問題だと思ってましたが、タコメータそのものが悪いみたいです。

あと、アクセルを吹かす度にマフラーから液体のオイルが吹き出します。

マフラー内に溜まっていたのか。自宅の駐車場がオイルだらけになってしまいました・・・。


掃除のため、工業用石鹸を買いに行きました。
o

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。